×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

消費者金融の選び方

消費者金融百科事典
消費者金融百科事典は、元消費者金融支店長の管理人が基礎知識から厳選比較まで、初めて利用するという方にでも簡単にわかりやすく解説するサイトです。その他、元業界人としての裏情報や、管理人自身の利用体験談などもお届けしています。
ホーム > 借入基礎知識 > 消費者金融の選び方

消費者金融選びのポイント


消費者金融は会社がたくさんあって選ぶときに困ってしまいますよね。そこで、まず基本的な消費者金融選びのポイントをまとめてみました。


金融会社の信用度
まず、一番に信用のある会社かどうかです。


どんなに融資条件がよくても、信用できないような会社から借りる人はいないと思います。
例えば、個人情報の管理がずさんな会社は自分の個人情報が流出してしまう可能性があります。
過去に新聞でも某信販会社や、中堅消費者金融の個人情報流出事件が報道されました。そのような会社はやはり選ぶべきではないでしょう。


また、回収におけるトラブルの多い企業は要注意です。過剰な請求行為により財務支局へのクレーム件数が多い金融会社は必ずといっていいほど、過剰な督促行為を行っています。


それから、ある程度、企業規模を見たほうがよいと思います。単純な話ですが、いくら条件がいいからといっても零細の金融業者はやはり不安です。
規模が大きい金融会社は看板に傷がつくことを恐れますのでちゃんとした会社が多いです。
融資残高が100億以下の会社はやめた方がよいと思います。
ちなみに当サイトでご紹介している金融会社は全て融資残高100億以上の会社です。


金利が安いところを選ぶ
当たり前の話で申し訳ないのですが、やはり金利が安いところを優先するべきです。


最近は消費者金融でも商品によっては銀行のカードローンよりも安い金利を提供してくれる金融会社もあり、選択の幅が増えています。


基本的に金利が安い場合はそれなりに審査が厳しくなりますので、融資を受けれるかどうかは審査してもらわないと何ともいえませんが、とにかく、金利が安い方から申込みするというのが鉄則です。


審査が甘くて簡単に貸してくれるからといって、最初から高い金利の会社を選んでいると損になります。


多少、断られることもあるかも知れませんが、金利が安い方から順に申込みしていった方が得です。


返済の利便性
いくら金利が安い消費者金融で借入しても、毎月の返済に手間がかかるようでは返済の為の無駄なコストがかかってきます。


例えば、返済に行くのにとなりの町のATMまで車でいかないといけないとか、毎月銀行振込で手数料がかかるなど、案外無駄な経費がかかります。


小さなことかもしれませんが、毎月返済していく訳ですから馬鹿になりません。


ATMが近くにある会社かどうか、また、提携ATMが豊富でどこでも返済できるかどうか等、自分のライフスタイルにあう無駄のない返済方法が選べるかを考えましょう!


               
返済金額に注意する
返済金額は会社によってまちまちです。以外と会社によって条件が違います。


私の例で言うと、借入残高が50万円の場合、O社の返済額は10,000円ですが、同じ50万円でG社の返済額は15,000円支払わなければなりません。


しかし、O社は10万円でも同じ10,000円を支払わなければなりませんが、G社は10万円の場合、返済額は3,000円となり、負担は軽くなります。この金額の差は大きいですよね。


やはり、消費者金融の利用目的や収入に応じた無理のない返済計画をたて、それにあった返済方法の会社を選ぶのが一番ですので、借入残高に対していくら返済が必要なのかということに注意して選びましょう。


次に申込みから借入までの流れについて解説します。



分類・比較
タイプ別に分類・比較
利用者別に分類・比較