×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

返済方法

消費者金融百科事典
消費者金融百科事典は、元消費者金融支店長の管理人が基礎知識から厳選比較まで、初めて利用するという方にでも簡単にわかりやすく解説するサイトです。その他、元業界人としての裏情報や、管理人自身の利用体験談などもお届けしています。
ホーム > 返済基礎知識 > 返済方法

消費者金融の返済方法


消費者金融の返済方法はいくつかありますので、その種類と方法を解説します。


どの返済方法が自分にあっているか確認しておきましょう!


ATM入金
金融会社の自社ATMや提携した銀行・信販会社のATMからカードを使って入金する方法です。


ほとんどのATMは年中無休で稼動してますので、いつでも入金出来ます。稼働時間は24時間稼動しているタイプもありますが、朝7時〜夜12時ぐらいまでのATMもあります。


最近ではATM提携が普及しており、会社によってはコンビニでの入金も可能になっています。


カードを使って現金を入れるだけの手軽さなので、最も簡単・便利に返済できる手段といえます。


振込入金
消費者金融が指定する銀行口座に振込みで入金する方法です。


その際の振込手数料はお客様負担となりますので、返済金額以外に別途手数料を払う必要があります。


また、銀行振込ですので当日15時前までに振込を済ませないと、翌日の入金扱いになってしまい、金融会社への返済した日は翌日となります。


口座引落とし
口座引落としは、毎月決まった日に決まった金額を自分の銀行口座から自動的に引き落としされます。


メリットとしては、手間が全くかからないのでいいのですが、決まった金額しか引き落とすことができないので、多めに返したいと思ったときでも同じ金額しか返済できません。


その場合は別途、ATMか振込での追加返済をすることになります。


また、引落とし日に銀行口座に預金がないと引き落としできませんので、次の引落としを待つか、別途、振込等で入金する必要がでてきます。


来店入金
金融会社の店頭窓口で直接お金を手渡しする方法です。


領収証がその場でもらえますので、残元金や充当金額等の確認が出来ます。人目が気になるという人にはむかない入金方法です。


現金書留
金融会社に郵便局から現金書留で送る方法です。


これも振込み同様、現金書留の費用がかかります。


発送から到着までに時間差があるので、返済日は金融会社へ到着した日付となります。


以上5つが主な返済方法となっています。


次に返済方式について解説します。


次に→返済方式

分類・比較
タイプ別に分類・比較
利用者別に分類・比較