×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

弁護士に相談する

消費者金融百科事典
消費者金融百科事典は、元消費者金融支店長の管理人が基礎知識から厳選比較まで、初めて利用するという方にでも簡単にわかりやすく解説するサイトです。その他、元業界人としての裏情報や、管理人自身の利用体験談などもお届けしています。
ホーム > 返済に困ったら > 弁護士に相談する

弁護士へ依頼


弁護士に依頼して借金を解決する方法は、一番楽な方法です。


しかし、楽な反面多大な費用を要します。


弁護士を依頼する上で、一番ネックとなるのが弁護士費用なのです。


お金が無くて借金でクビが回らない状態だから相談に来ているのに、そんなに何十万も弁護士費用なんて払えないよという人がほとんどだと思います。


そこで良心的な弁護士は費用を分割払いにしてくれます。


それでも初回に10万〜20万の着手金を払わないと何もしてくれませんので、依頼する決意を固めたなら、まずお金を工面する必要があります。


相談したらどうなるか


借金解決を司法書士へ相談した場合、すすめられる方向性は次のパターンです。


1.自己破産
2.個人再生手続き(残った借金は分割払い)
3.債務整理で減額された残金を一括返済
4.債務整理で残った残金を分割払い
5.債務整理で残金0
6.債務整理で過払い請求


弁護士に相談するなら


弁護士に依頼するかどうかは別として、まず相談するだけでも30分に付き5,000円という相談料を覚悟しなければなりません。


当然ですが、1時間話したら10,000円になります。


これは借金で悩みを抱いている人にとってはかなり痛手となりますので、相談だけなら無料法律相談を利用してみましょう。


無料法律相談とは、市や行政団体が主体となり、定期的に法律相談を無料で実施しています。(お問い合わせは市役所等へ聞いてみて下さい。)


時間の制限はあると思いますが相談くらいならそこで十分です。


さらに相談したい時や、本格的に弁護士に依頼したいというときはそこで弁護士を紹介してくれますので、借金問題に強い弁護士を紹介してもらいましょう。



規模別に分類・比較
タイプ別に分類・比較
利用者別に分類・比較