×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借入件数を少なく

消費者金融百科事典
消費者金融百科事典は、元消費者金融支店長の管理人が基礎知識から厳選比較まで、初めて利用するという方にでも簡単にわかりやすく解説するサイトです。その他、元業界人としての裏情報や、管理人自身の利用体験談などもお届けしています。
ホーム > 上手な借り方 > 借入件数を少なく

借入件数の考え方


借入件数が少ないと金融会社は歓迎してくれます。


金融会社は、たとえ借りている金額が多くても、件数が少ない=優良顧客と見るのです。


優良顧客と判断されれば、融資枠も広げてくれるし利率も安くしてくれます。


例えばこんな事例があります。


消費者金融に勤務時代「下手な借り方をしているなぁ」と思う人をよく見かけます。


どんな、借り方かというと


 A社に20万
 B社に30万
 C社に50万


というように小額で3社のキャッシングをしているというようなパターンです。


小口の借入が多く、借入金額の割りに件数が多い人は、審査で損をしてしまいます。


金融会社は、借入金額よりも借入件数を重視する傾向がありますので、同じ100万円をキャッシングするとしても、3社より1社の方がはるかに信用度が高いと判断しています。


私の経験で例えると、仮に属性(年齢、性別、家族構成など)が全く同じお客さんがいたとします。


一人は6社から合計200万円、もう一人は2社から300万円の借入があったとすると、2社から300万円借りている人の方に大きく融資してましたし、金利も低くしたりしてました。


一般的な発想からいくと、借りている金額が少ない人の方が審査がとおりやすいのではと思われると思いますが、実際は借入金額ではなく借入件数が少ない人の方が審査がとおりやすいのです。


金融会社はどう考えているかというと、信用が低いから他社も大きく貸していないんだな、とか、ひょっとして返済に問題があったから追加の融資をせず、単価が低いままになっているのではないか、というような懸念を持ってしまいます。


そうなると初回の融資は少なめにしておこうということで、減額される場合が多くなるのです。


借入件数を少なく維持する為には、まず毎月の返済日に1日も遅れないことです。


返済日は契約時にあらかじめ決められますが、その返済日に余裕を持って3〜4日前に入金するのがベストです。


初回契約から最低3ヶ月から6ヶ月以上、返済日前に返済する実績を作っておけば、限度額をアップしてくれるようになります。


つまり、借入件数を増やさない為には日ごろからの返済実績を作っておいて、築いた信用で限度額を広げてもらい、追加融資を受けることができるようにしておくということです。


もし、返済日に遅れるような状態を繰り返してしまうと信用がなくなり、限度額があがらないどころか、利用できる限度額を減額されることもあります。


次回、お金が必要になったときには、新たに別の金融会社を利用してしまい、結果的に借入件数を増やしてしまうことになります。


ちなみに、返済実績がいい人は金利も優遇されることが多くあります。


キャッシングを利用するなら、返済日に1日も遅れないということは鉄則なのです



分類・比較
タイプ別に分類・比較
利用者別に分類・比較