×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借金をまとめる

消費者金融百科事典
消費者金融百科事典は、元消費者金融支店長の管理人が基礎知識から厳選比較まで、初めて利用するという方にでも簡単にわかりやすく解説するサイトです。その他、元業界人としての裏情報や、管理人自身の利用体験談などもお届けしています。
ホーム > 返済に困ったら > 借金をまとめる

まとめローン


まとめローンとは、複数の借金を一本化し、毎月の返済額を減らせるローンです。


借入できる金額は300万〜500万、中には1000万まで融資可能なまとめローンもあります。


一概には言えませんが、もしあなたの借金が500万を超えているようなら、返済していくことは困難だと思われます。


その場合、返済はあきらめて法的な手続きをとることをおすすめします。


まとめローンはあくまで借り換えが出来る人でなければ利用できませんので、既にブラックの方や借入できる状態に無い人には別の方法を検討する必要があります。


まとめるメリット


借金をまとめるメリットは、毎月の返済額を減らせる金利が安くなることです。


例えば、50万を29.2%の金利で毎月の返済額が15,000円の借入があったとします。


一ヶ月あたりの利息は12,000円で残りの3,000円しか元金は減りません。
これを6件借りていたとしたら、300万の借入で毎月の返済額は9万円、利息に72,000円取られて元金は18,000円づつしか減りません。


これを某まとめローンでまとめたとすると、同じ300万の借入で毎月の返済額は64,000円、金利は15%で一ヶ月の利息は約37,000円、元金は27,000円づつ減ります。


毎月の返済額も少なくできて金利負担も減り、完済までの総返済額も少なくなります。


まとめるデメリット


まとめた時のデメリットとしては、まとめローンは高額な融資となる為、審査の状況によっては保証人を要求されることがあります。


基本的には無担保・無保証なのですが、保証人を要求されても少々仕方ありません。


まとめローンのメリットでも述べたとおり、利用者としては低金利で返済額も少なく出来るといいことばかりなのですが、金融会社からすれば多額の借金を背負っている人に一時的とはいえ、同じくらいの金額を融資する訳ですから、リスクが伴います。


その補填として保証人を要求されることがあるという訳です


まとめた時の落とし穴


まとめローンを利用することで、金利負担が軽くなり、毎月の返済額が軽減され、スムーズに返済できるようになります。


しかし、まとめたからといって借金問題が解決した訳ではありません。


完済してこそ初めて解決といえるのです。


私の経験では、まとめローンを利用した人が、後になって借入が増えているという人を多く見かけてきました。


そういう人は借り癖がついてしまっていて、いくら返済の条件がよくなったとしても何も問題は解決しないということです。


根本的に自分はもう借金を作らないという強い意思を持たなくては、借金は返済できないということです。



規模別に分類・比較
タイプ別に分類・比較
利用者別に分類・比較