×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

司法書士に相談する

消費者金融百科事典
消費者金融百科事典は、元消費者金融支店長の管理人が基礎知識から厳選比較まで、初めて利用するという方にでも簡単にわかりやすく解説するサイトです。その他、元業界人としての裏情報や、管理人自身の利用体験談などもお届けしています。
ホーム > 返済に困ったら > 司法書士に相談する

司法書士とは


司法書士とは、裁判所へ提出する書類等を代行して作成してくれる職業です。


例えば、自己破産や個人再生手続きをしたい時、裁判所へ提出する書類を作成してくれます。


簡単に言えば書類作成代行業なのです。


もちろん、法律の知識も十分備えていますので、どのような解決法があるのかをアドバイスしてくれます。


相談したらどうなるか


借金解決を司法書士へ相談した場合、すすめられる方向性は次のパターンです。


1.自己破産
2.個人再生手続き(残った借金は分割払い)
3.債務整理で減額された残金を一括返済
4.債務整理で残った残金を分割払い
5.債務整理で残金0
6.債務整理で過払い請求


司法書士も商売人


最近、司法書士が広告を出しているのを見かけます。


「自己破産の相談できます」とか「特定調停の書類作成できます」等、まるで自己破産や特定調停をおすすめするかのように広告しています。


これは司法書士もだたの商売人で、たくさん自己破産してもらった方が仕事が増えて商売繁盛ということになるので、お金をかけて広告するのです。


悪く言えば、相談に来た人のなかで自己破産しなくてもいい人まで自己破産させたり、特定調停をしなくてもいい人までさせてしまう可能性もあります。


「あなたは破産しなくてもいいよ」ということは司法書士にとっては仕事がなくなることを意味していますので、商売人だったら当然こんなこと言うわけないですよね。


日本人の悪い癖かもしれませんが、司法書士というと偉い先生みたいな感じがして下手になってしまいますが、キチンとお金を払ってサービスを受ける訳ですから、疑問に思ったことは何でも突っ込むようにしましょう。



規模別に分類・比較
タイプ別に分類・比較
利用者別に分類・比較