×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

信用情報照会

消費者金融百科事典
消費者金融百科事典は、元消費者金融支店長の管理人が基礎知識から厳選比較まで、初めて利用するという方にでも簡単にわかりやすく解説するサイトです。その他、元業界人としての裏情報や、管理人自身の利用体験談などもお届けしています。
ホーム > 消費者金融の審査 > 信用情報照会

信用情報とは


信用情報とは顧客の借入状況や返済状況を登録したデータのことをいいます。


やみ金以外のまともな金融会社はほとんど信用情報機関に加盟しています。


信用情報機関といっても種類がありますが、詳しくは「信用情報って何?」で解説していますので、ここでは主に消費者金融が加盟している情報機関を例に解説します。


まず、名寄せが終わった金融会社は申込み内容をもとに自社のコンピュータへ入力していきます。


それが終わったら情報機関に照会を行います。


大きな消費者金融の場合、金融会社と情報センターのコンピュータはオンラインで接続されており、自社のコンピュータで問い合わせすると瞬時に回答が出てきます。


検索のキーワードは氏名、生年月日、電話番号です。


この3つで消費者金融の利用経験者であれば情報が回答されます。


回答される内容は、氏名、生年月日、性別、住所、自宅・会社電話番号、勤務先会社名、利用している件数、キャッシングした金額と現在の残高、最後にいつ払って、次はいつまでに支払わなければならないのか等です。


よくお客さんから、「消費者金融は横同士でつながっているからどこからいくら借りているかわかるんだろう?」と言われますが、横同士つながっているわけではありませんし、どの消費者金融から借りているかまではわかりません。


信用情報を取得すると過去の破産や債務整理、支払いの延滞などの情報もわかりますので、いわいる「ブラック」もここで判別します。


消費者金融のプロになると、この信用情報の結果を見ただけで、どんな人物像か、信用できる人物かなどまで見抜いてしまいます。


それだけ、信用情報は審査の大きなウエイトを占めています。


信用情報の内容を確認したら、次はスコアリングを行ないます。



分類・比較
タイプ別に分類・比較
利用者別に分類・比較