×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借入先へ相談する

消費者金融百科事典
消費者金融百科事典は、元消費者金融支店長の管理人が基礎知識から厳選比較まで、初めて利用するという方にでも簡単にわかりやすく解説するサイトです。その他、元業界人としての裏情報や、管理人自身の利用体験談などもお届けしています。
ホーム > 返済に困ったら > 借入先へ相談する

借入先へ相談する


なかなか抵抗がある話かも知れませんが、借入先へ返済の相談をしてみることをお勧めします。


最近の消費者金融はよく相談にのってくれます。


私は支店長という立場だったので相談を受ける立場だったのですが、積極的に相談され、それなりの事情がある方には耳を傾け十分な協力をしていました。


消費者金融の社員や支店長の内心は、お客様からの返済の相談を受けたときに、出来れば話し合いで解決したいと思っています。


なぜなら、破産や債務整理といった手続きをされるくらいなら話し合いで解決しておきたいという意識があるからです。


借りてる立場だからという気負いは全く必要ありません。


返済が滞りそうになったら早めに相談した方が担当者も良い対応をしてくれるはずです。


目的は明確に


返済の相談となれば、話すことは返済額の減額か、期日をまってもらうか、金利を減らしてもらうしかありませんが、自分が何をどうして欲しいのかを具体的に伝える必要があります。


例えば、毎月の返済額を減らしたいのであれば、今の収入がこれだけで、支出がこれだけあって、返済にまわせるお金がいくらで、数社にいくらの借金があるので、配分したらいくらしか払えないというようなことを具体的に言えるようにしておかなくてはなりません。


相手も納得しなければ相談に応じてくれませんので、納得のいくような材料を用意しておかなくてはなりません。


相談の心構え


返済の相談に来た人で、たまにわがままな人がいます。


どんなわがままかというと、お互い同等の立場で契約をかわしているにもかかわらず、新聞でみた利息制限法がどうだとか、お宅の金利は違法だなどという人がいます。


いざ返済が苦しくなったら違法呼ばわりして、まるで悪徳金融といわんばかりの態度をとって高圧的になる人です。


このような態度をとれば、簡単に譲歩してくれるような相談だったとしても、感情を逆なでし、出来る相談もできなくなってしまいます。


あくまで紳士的に、「契約内容はこうだったが、事情でこうなってしまった。お互いの為に相談に来たので話をきいてもらいたい」というような態度でのぞみましょう。


そうすれば、相手も人間なので気持ちの良い対応をしてくれるでしょう。



規模別に分類・比較
タイプ別に分類・比較
利用者別に分類・比較