×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

特定調停を申立てる

消費者金融百科事典
消費者金融百科事典は、元消費者金融支店長の管理人が基礎知識から厳選比較まで、初めて利用するという方にでも簡単にわかりやすく解説するサイトです。その他、元業界人としての裏情報や、管理人自身の利用体験談などもお届けしています。
ホーム > 返済に困ったら > 特定調停を申立てる

特定調停とは


特定調停とは、返済困難になったとき、裁判所に相談し金融会社との間に入ってもらって、その後の返済計画を立て直す手続きをいいます。


したがって、自力で借金問題を解決する場合の最後の手段だと思って下さい。


もちろん特定調停を申立てるといわゆる「ブラック」となり、銀行、金融会社などから最低でも5年から7年相手にしてもらえなくなります。


特定調停はあくまで、その後の返済計画を立て直すことが前提になるので安定した収入がないと手続き出来ませんので注意してください。


特定調停のメリット・デメリット


特定調停のメリットには次のようなものがあります。


1.特定調停申し立て後は金融会社からの請求が一時ストップする。
2.借金は利息制限法に引き直しされ元金が減る。
3.和解できた場合、その後の利息は払わなくて良い場合がほとんど。
4.費用が割安で1〜2万円前後!?とにかく安い。
5.破産とは違うので財産を処分されることはない。


特定調停のデメリットには次のようなものがあります。


1.信用情報機関に登録されるので、俗に言うブラックとなる。
2.手続きに時間がかかる場合がある。(2〜3ヶ月)
3.あくまで話し合いなので金融会社側が拒否する場合もある。
4.和解成立後に返済が滞ったら強制執行される可能性がある


特定調停に必要な書類は


特定調停の申立てに必要な書類は、一般的に以下のようなものがあります。


 ・戸籍謄本
 ・住民票
 ・給与明細等の所得確認物
  (生活保護や手当てなどがある場合はその証明書もいります)
 ・契約書(借り入れの契約書)
 ・陳述書
   (申立人の情報を記載した書類)
 ・債権者一覧表
 ・家計表(直近の分)
 ・資産目録
  (不動産等の資産状況を記載した書類)   等。


場合によっては必要が無い書類もありますので、申立てした裁判所に確認しておきましょう。


特定調停の流れ


特定調停を申立てるときは、自分が住んでいる地区の簡易裁判所へ出向く必要があります。


少々、時間がかかりますので仕事などは休んだ方がよさそうです。


簡易裁判所へいくと、たくさん特定調停を申し立てていますので、職員も手馴れたもので、丁寧に教えてくれます。


一通りの説明を受けた後、申立書をもらい後日裁判所へ提出することになります。


特定調停申立書を提出すると裁判所が金融会社に通知を送ってくれます。


この通知で金融会社は特定調停をしたことがわかり、法律によって通知を受け取った後の請求は禁止されていますので、催促の電話がかかることはありません。


次に出頭期日が決まります。


最初の期日は調査が目的です。


借金や収支の状況を調べて特定調停で解決可能かどうかが判断されます。


解決可能と判断された場合、2回目の期日が指定されます。


早ければこの2回目の期日で自分と調停委員と金融会社の社員の3者で裁判所で話し合いをすることになります。


話し合いで今後の返済について折り合いが付いたら調停調書という書類を裁判所が作成します。


この調停調書に書いてある条項を破ってしまうと給与差押さえなどの執行を受けることもありますので十分ご注意下さい。


あとは決まったとおりに返済をおこなうだけです。


特定調停は裁判所を通じた法的な手続きである為、どうしても時間がかかります。早くで2〜3ヶ月、長い人は半年くらいかかる人もいます。


また、申し立てから和解まで少なくとも5〜6回以上は裁判所へ行かなくてはなりません。


しかし、代理人で済ませることもできますので、どうしてもいけないときは代理人を頼むのも良いでしょう。



規模別に分類・比較
タイプ別に分類・比較
利用者別に分類・比較